タケキャブを作っている武田薬品工業のストレージHという市販の漢方薬があります。

ストレージHは以下の様な症状の時に有効とされています。

  • 喉がつかえる
  • 喉にビー玉が詰まった様な感じがする
  • 喉仏のあたりの違和感が続き不快
  • 焼き肉を食べてないのに焼き肉が喉に詰まった感じがする
  • 吐き気がする
  • ストレスにより胃の調子が悪い

他には、動悸、めまい、不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声に効きます。

逆流性食道炎の喉のつかえの原因

ストレスによるもの

食道は口から入った物をぜん動運動によって胃に送り込みますが、
心身のストレスがあると自律神経のバランスが崩れ、
喉や食道の動きが悪くなり、喉がつかえて異物感を感じるようになります。

耳鼻咽喉科でファイバスコープによる喉の検査をしても異常が認められない場合は、
偏った姿勢や過剰なストレス等の問題から、喉周囲の筋肉が緊張したり、
気の滞りが起きる事によって、違和感を感じてしまう事が考えられます。


スポンサードリンク


胃酸の逆流

食べ過ぎたり、脂肪、油、糖質の多い食事をすると、
胃酸の逆流を防ぐ食道下部の筋肉が緩みやすくなります。

胃酸は強い酸性を保っているため、逆流すると食道だけではなく、
喉の粘膜に炎症が起き、喉に違和感を感じる様になります。

喉の違和感というのは、以下の様に人それぞれです。

  • 喉にビー玉が詰まっている感じがする
  • 唾液を飲み込む度に異物感を感じる
  • 喉のつかえが常にある
  • 喉がヒリヒリする

逆流性食道炎の吐き気の原因

食べすぎ

暴飲暴食により胃に負担がかかると、胃の粘膜に炎症が起きて、
吐き気が起こります。

逆流性食道炎の胃は胃酸過多が慢性化しており胃の炎症が起こりやすいです。
その為、健常者に比べて、ちょっとした食べ過ぎで吐き気が起こりやすくなっています。

胃酸過多を引き起こす食べ物を食べた場合

辛いものや酸っぱいものなどの刺激物、脂肪分やたんぱく質の多い食品、
消化の良くない食べ物
などは、胃酸の分泌を刺激したり、
胃の中に、食物がとどまる時間を長くするなどから吐き気が起こります。

胃から霧状の胃酸が口にまで上がってきて、ゲップを繰り返します。

ゲップをすると多少は吐き気が緩和しますが、胃の中に食べ物が
とどまっている間は吐き気から解放されません。


スポンサードリンク


ストレージHは逆流性食道炎の症状に効果ある?

逆流性食道炎で以下の様な症状がある時に有効です。

  • 食べ過ぎて吐き気がする
  • 脂肪の多い焼き肉を食べたら気分が悪い
  • 胃酸過多により喉が詰まっている

この様な症状がある時に、ストレージHを飲むと多少は緩和する感じしました。
飲まないよりは飲んだ方が、吐き気や喉の詰まりが楽になる事を実感しています。

ただ根本を解決するまでには至りませんので、完全に症状を抑えるまでの効果は期待できません。

あくまでも、症状が辛くなったら飲む様なお守り代わりの様なものです。

1箱に12包しか入っていないので、長期で飲む様な感じではなく、
症状が辛くなったら一時的に飲むような感じです。

外出時や旅先で携帯するのに、ぴったしの漢方薬です。

吐き気や喉の詰まりなどは、一刻も早く緩和してほしい症状ですので、
ストレージHは常備携帯しておきたいところでしょう。

ストレージHがなぜ喉の詰まりに有効か?

ストレージHには咽のつまりの代表的な漢方の半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)が含まれています。
喉の閉塞感や詰まりに最も効果の高い漢方薬といっても良いでしょう。

疲労やストレスは、「気」のめぐりを邪魔して、止めてしまいます。

特に喉の部分の「気」のめぐりが滞ると、喉に何かつまった感じがしたり、
違和感を感じたりするようになります。

体を動かす機会が少ないと、この症状はますます悪化していきます。

半夏厚朴湯は、「気」のめぐりを良くして、喉のつかえ感や違和感を改善する事ができます。

滞った気の流れを良くすると同時に、自律神経のバランスも整えてくれます。
ストレスによって引き起こされた症状は、漢方薬の力を借りて心と体の両面からケアする事ができるのです。

消化器内科や胃腸科で喉の詰まりはどう対処するか?

喉のつかえ、喉の詰まり、喉の違和感などの症状を訴えたとしても、
その症状に対する薬を出す医師は少ないです。

喉の詰まりとされる原因が胃酸過多であれば胃酸抑制剤だけを飲むだけでも
緩和されるはずです。

もし、胃酸抑制剤を飲んでも喉の詰まりが全く改善されない場合は、
気のめぐりが悪い事が大いに考えられます。

消化器内科や胃腸科は、あくまでも胃腸に対する病気を専門に診察する
ところでありますので、心までは診てくれません。

その関係で、喉のつかえに対する処方薬を出す医師は少ないものと思われます。

ただし半夏厚朴湯は心療内科で処方して頂けます。