ピロリ菌は胃の中に生息する細菌です。

日本人では50歳以上の約7~8割はピロリ菌を保有しています。

胃液(胃酸)は皮膚をも溶かせる強酸の液体であるが、
胃の中は粘液のおかげでその強酸から守られています。

ピロリ菌は人間を含む動物内の胃粘膜に潜り込み、
粘液を栄養源として生きています。

ピロリ菌は、微好気性菌なのでごく少量の酸素のある環境を好みます。
大気中では酸素が多すぎて生きていけないのです。


スポンサードリンク


ピロリ菌は胃の病気と密接な関わりがあり、
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの引き金となります。

ピロリ菌とは?

pirorikinshasin

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせん形をした悪い菌で、
主に胃や十二指腸などの病気の原因になります。

子供の頃に感染し、一度感染すると多くの場合、
除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。

ピロリ菌に感染すると炎症が起こりますが、
この時点では、症状のない人が多いです。

ピロリ菌は大人になってから感染すると
激しい胃の症状が出たりします。

さらにピロリ菌の感染が続くと感染範囲が胃の出口の方から胃の入口の方に
広がって、慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)が進みます。

この慢性胃炎が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がん、
さらには全身的な病気
などを引き起こす恐れがあります。

ピロリ菌がいると逆流性食道炎にならない?

 

ピロリ菌に感染している人の割合が高い国は逆流性食道炎の
患者さんが少ないです。

これは、ピロリ菌によって胃に炎症が起こると、
胃酸の分泌が少なくなるからです。


スポンサードリンク


今まで活動の鈍かった胃の粘膜が活動を始めることにより、
胃酸を多く分泌するようになります。

ピロリ菌に感染している胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんが、
薬でピロリ菌を排除する治療が行うとピロリ菌がいなくなるので
逆流性食道炎になる人が増えるとの説がありました。

しかし、最近ではピロリ菌の除菌によって逆流性食道炎が
起こったとしても一時的なものであり、また多くは軽症のものだそうです。

ピロリ菌は除菌した方が良いか?

ピロリ菌は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因でもあり、
胃がんなどの予防にも役立つので除菌した方が良いのは間違いありません。

そもそも、ピロリ菌の除菌後に逆流性食道炎になると言う事は、
ピロリ菌のお陰で逆流性食道炎の症状が出なかっただけということです。

ピロリ菌は逆流性食道炎よりも怖い病気を引き起す菌なので、
除菌しておいたほうが良いです。

ピロリ菌を除菌すると逆流性食道炎になる理由

ピロリ菌感染による胃炎状態では、胃酸の分泌が低下することと、
ピロリ菌は強い酸の海である胃内で生き抜くために、
自分の周りをアルカリ性にして酸を中和している性質があるからです。

つまり、ピロリ菌がいなくなると、胃酸分泌が亢進し、
更に、胃の酸度が上がるので、逆流性食道炎が起こりやすくなります。

ピロリ菌を除菌した患者さんのうち逆流性食道炎になるのは1割程です。
多くの場合は、いつの間にか症状が軽快している事が多いです。

ピロリ菌の調べ方

・胃カメラを使って調べる

胃の中を観察すると同時に、胃カメラにより採取した胃の組織を用いて、
「迅速ウレアーゼ試験」「鏡検法」「培養法」の検査をします。

・胃カメラを使わないで調べる方法

「抗体測定(血液や尿)」「尿素呼気試験」「便中抗原測定」を使って調べます。

ただ胃カメラでないと胃炎の有無や程度や、胃がんの有無が分かりません。

ピロリ菌を調べるなら、胃カメラが推奨されます。

ピロリ菌の治療方法

ピロリ菌除去では、内服治療が一般的です。

初めての除菌では、胃酸の分泌をおさえるプロトンポンプ阻害薬(PPI)と
2種類の抗生物質を朝夕2回、7日間服用します。

この治療で約7~8割の方が除菌に成功します。

1度で除菌できない場合は初回と同様に3種類の薬を朝夕2回、7日間服用します。

再除菌では、8~9割が成功します。