逆流性食道炎はゲップが出る?

逆流性食道炎の症状の1つにゲップがあります。

ゲップは健康的な人でも、食事を食べ過ぎたり、
炭酸を飲んだ後など出ます。

これは、炭酸が胃の中で蓄積されて、
それが外に排出される際にゲップが出ます。


スポンサードリンク


食べ過ぎた時は、空気を一緒に飲み込んでいるため、
ゲップが出ると考えられています。

これらの事は、どんな健康な方でも起こる事なので、
心配ありません。

しかし、逆流性食道炎の人は、
何も食べていなくても1日中頻繁にゲップが出ます。

1日中とは言っても、唯一ゲップがないのは寝ている時くらいです。

特に炭酸飲料飲んだわけでもなく、食べ過ぎているわけでもない、
ゲップが出る様な事をしていないのに、1日中に渡りゲップが継続する。

これは、逆流性食道炎の典型的な症状と言えます。

逆流性食道炎の人は、ゲップを出す前は、喉の奥辺りが
何か詰まった様な感じになり、ゲップが出そうで出ない様な
不快感にさらされます。

ゲップしたら、一時的に楽になりますが、少し時間が経過すると、
また喉が圧迫してきて、またゲップをしての繰り返しです。

ですから、逆流性食道炎になると、単純にゲップが出るにとどまらず、
常に喉の圧迫感がつきまとうと言う事です。

この喉の圧迫感が慢性的に続くので精神的に参る場合もあります。
喉の圧迫感は、胃酸を抑える薬を飲んでもすぐに治まるものではありません。

逆流性食道炎でゲップが出る原因は?

ゲップは溜まったガスや空気が食道・口腔を通って
体外に排泄される現象です。

胃の内圧が高まると逆流を防ぐ筋肉が緩み、
食道へ空気が漏れてげっぷが出るのです。

以下の理由が考えられます。


・胃腸の機能低下によりガスが多く発生する
・胃内容物の排出が遅れガスが発生し易い状況に陥る
・食事と一緒に飲み込んだ空気を排泄するため
(早食いは空気を飲み込みやすい)
・胃のアトニー、胃下垂による

・胃周辺の筋肉が弱い、胃の締まり
・食道括約筋の異常、筋力低下が起こる
・肝臓など他の臓器の影響が考えられる
・胃の内容物が十二指腸への移動を妨げる幽門狭窄症による
・胃酸の逆流による
・ガスが発生しやすい食事
・腹圧上昇

逆流性食道炎のゲップはどれくらいで止まる?

逆流性食道炎の症状で出ているゲップを止めるには、
まず消火器内科を受診して胃酸を抑える薬を飲みます。


スポンサードリンク


ただ、薬を飲むだけではゲップがなかなか止まりません。

ゲップを減らす為にする事は、


・消化に良い食べ物を食べる
・消化に悪い食べ物は一切控える
・1日3食で間食はしない。
・甘い物、油っこいもの、脂肪のもの、お酒などは控える

その他に、おすすめなのが運動です。

毎日、自宅周辺を1時間くらいウォーキングすると良いでしょう。

ゆっくり散歩する事で、リフレッシュしてストレス発散できます。
ストレスを溜め込む事は胃には良くない事なので、ウォーキングは
胃酸の分泌を促進させるストレスを軽減させてくれます。

また、胃酸も十二指腸から小腸へスムーズに流れるので
腸が活性化します。

逆流性食道炎は、胃の不調により消化不良が慢性的に起きている状態です。
普段から食べ過ぎている人は、消化が追い付いていない状態です。

その為、胃腸の動きが鈍り、食事が消化されていないので
胃もたれ、吐き気、腹部の痛みなどの症状が出やすいです。

ゲップはどれくらいで治まる?

日常生活や食生活や胃酸を抑える薬は何を飲んだかなど複合的な
要因が絡み合うのと、それぞれの症状の重さは異なる為、
ゲップが治るまでの期間は個人差があります。

例えば症状の重い方で、「胸やけが苦しい」「ゲップは10分おきで頻発」
「喉が常に圧迫している」
など日常生活を過ごすのにも支障が出る様な
レベルとなると、ゲップが殆どなくなるまで1ヶ月は掛かったりします。

急にピタッとゲップが止まると言うよりは、少しずつ少しずつ
ゲップの量が減って行く感じです。

ただ、どれだけ効き目抜群の胃酸を抑える薬を飲み続けても
食生活が乱れていたり、早食いしたり、運動しなかったり、
姿勢が悪かったりすると、
根本的な原因を取り除いていないので、
いつまでもゲップが続いてしまいます。

薬はあくまでも対処療法に過ぎず、根治まではしてくれません。
本気でゲップを治したいのであれば、やはり私生活を正さなければなりません。