ストレスは、逆流性食道炎に悪い影響を与えます。

ストレスを受けると、食道への胃液の逆流が起こりやすく
なる事はありませんが、ストレスは、食道粘膜の
胃酸に対する感受性を高めてしまいます。

その為、胃酸がちょっと逆流しただけで、
食道粘膜が過敏に反応してしまいます。

それにより胸焼けが起こったりもするのです。


スポンサードリンク


※ストレスは逆流性食道炎と何の関係もなさそうに見えて、
密接な関わりがあるのです。

ストレスと胃の関係性

ストレスと胃は密接に関係してます。

強いストレスを受けることで迷走神経という
胃液の分泌を司っている神経が刺激されます。

ストレスにより迷走神経が刺激されることで、
何も食事をしていない空腹時にも胃液が出てしまいます。

普通は食事でもしない限りは胃液が分泌されませんが、
何も食べていなくてもストレスを感じるだけで、
胃液は分泌されてしまうのです。

ストレスと自律神経の関係性

体の様々な器官を調整している自律神経には、
交感神経と副交感神経があります。

ストレスが多く溜まってくると、交感神経ばかりが働き、
副交感神経が働かなくなります。

それにより、体の器官は充分な休息を取る事ができなくなります。

その結果、様々な不調を引き起こしてしまいます。
この不調は、胃の働きにも起こります。

自律神経の働きのバランスが崩れる→、胃酸が増える→
下部食道括約筋(食道と胃のつなぎ目)の筋肉の働きが悪くなる

こういう悪循環の輪が形成されてしまいます。

ストレスと下部食道括約筋の関係性

kabushokudoukatuyakukin

食事で食べたものは飲み込み、食道を通り胃に収まります。

この時胃から食べたものが逆流しないように、
蓋をしているのが、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)です。

ストレスが溜まると、胃酸過多と同時に、
下部食道括約筋の機能低下が起こります。

胃酸過多になったとしても胃壁自体は胃酸に強く
できていますので全く問題ありませんが、
下部食道括約筋は胃酸に弱いのです。


スポンサードリンク


ストレスが溜まると異常に増えた胃液が食道へ逆流して、
すっぱいと感じたり、胸やけを感じたりします。

ストレスを受ける→下部食道括約筋が緩む→胃酸が食道へ流れやすい

胃酸が食道へ流れやすいと言う事は、
逆流性食道炎を誘発しやすい事を意味します。

ストレス解消しようとお酒を飲むのは注意?

逆流性食道炎にストレスが悪い影響を与える事が分かりました。

ならばストレスが溜まったら、お酒を飲めば良いと考える人もいるでしょう。

しかし、お酒は逆流性食道炎を悪化させてしまうので
ストレス解消で絶対に飲んではいけません。

実はアルコール度数が高いお酒ほど胃酸も多く分泌されてしまうので、
逆流性食道炎になりやすい状態を作ってしまうのです。

お酒を飲めば嫌な事を忘れられるかもしれませんが、
胃酸を増やしてしまっては意味がありません。

正しいストレス発散方法

運動をする

なぜ、運動をするとストレス解消できるのかの理由について解説します。

ストレス対策ホルモンの分泌

運動をすると、ストレス対策に効果的なホルモンの分泌を促進します。

それにより多少のストレスには負けなくなります。

ストレス対策ホルモンの分泌を促進する事は、
多少のストレスを跳ね返してくれるのです。

体力や免疫力が付く

運動をすることで、体力や免疫力が高まります。

体力や免疫力が高まると身体機能が向上するだけでなく、
ストレス耐性も出来上がります。

ストレスに耐える力を運動によって養う事ができるのです。

体が健康になったり丈夫になったりすると、
精神的にも打たれ強くなります。

熟睡できるようになる

運動をすると、適度な疲労を体に与えます。

それにより、夜の寝つきが良くなり熟睡できるようになります。

良質な睡眠は、ストレス解消に良い影響を与えます。

体が疲れた日はぐっすり熟睡できるようになっています。