逆流性食道炎は、根本は胃からくる病気です。

ですから、症状として胃痛があっても不思議ではありません。

ただ、胃痛よりかは、「胸やけ」「喉のつかえ」「ゲップ」「吐き気」
の方が症状としては多いです。

また、胃痛とまでは行かなくても、
「お腹が張る」「お腹がなかなか空かない」
などの症状もあります。


スポンサードリンク


なぜ逆流性食道炎で胃が痛くなるか?

食べ過ぎや胃酸の出過ぎであったり、蠕動(ぜんどう)が逆になることで、
すっぱい胃酸が込み上げてきます。

胃酸は、食材を溶かすほど強力な液体で、胃酸により
胃の粘膜が傷つく場合があります。

胃の粘膜がダメージを受ける事で胃が痛くなります。

胃がなんだかおかしいと感じるのは、胃酸の分泌が
過剰となり、胃が弱っている証拠と言えます。

また、ストレスによる自律神経の乱れも、
胃腸の働きに関与する副交感神経を弱め、
胃痛を引き起こします。

胃の痛み他に何の病気が考えられる?

・急性胃炎

胃の粘膜のただれによって、みぞおちあたりの痛みと吐き気、
腹痛、下痢を伴う場合があります。

急性胃炎の原因は、ストレスや過労、暴飲暴食、不規則な生活リズム、
アルコールや刺激物の摂取などさまざまです。

・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜に炎症が起こり、粘膜がえぐられたような
潰瘍ができている状態です。

胃潰瘍の場合は、食事中や食後にみぞおちあたりが重苦しく痛みます。

十二指腸潰瘍では、空腹時や胃酸の出やすい夜中にみぞおちあたりが痛み、
食べ物を口にすると症状が落ち着きます。

・虫垂炎・腹膜炎

急性虫垂炎の初期症状として、おへそのあたりやみぞおちに
激しい痛みと嘔吐があり、急性胃炎と間違われます。

胃痛と思っていたら実は食道の痛みだったなんてことも?

胃が痛いと思って消火器内科を受診したら、
医師から一度内視鏡検査を勧められて、
胃カメラで胃と食道を観察してみると、

実は胃ではなくて、食道が炎症を起こしていたと言うケースもあります。


スポンサードリンク


逆流性食道炎は、胃と食道の境目のところが荒れてしまう病気です。
胃が不調だと思い込んでいたら、実は胃と食道の繋ぎ目の部分が
炎症だったという場合も少なくないのです。

食道部分の炎症は、胃カメラ終了後の診察で
パソコンの画像を使って医師から説明があります。

食道に炎症はない場合でも、逆流性食道炎の症状はあります。

これは、薬で胃酸が抑えられているか、
それ程、病状が深刻ではないかのどちらかです。

胃が痛いと思っていても、実際にカメラで胃の中を観察して
みないと、明確な事は分かりかねる事はあります。

逆流性食道炎による胃痛を治すには?

胃痛を治すには、食事を気をつけて胃酸の分泌を減らすしかありません。

胃酸が悪さをして胃の粘膜組織を荒れさせているので、
胃酸を多く分泌させる様な食べ物や飲み物を飲まない様にするしかありません。

参照:逆流性食道炎で飲んで良い飲み物と悪い飲み物!

また胃が荒れる以下の原因を注意しながら生活する必要があります。

・暴飲暴食はしない
・喫煙はしない
・寝不足にならず1日8時間は寝る
・アルコールは飲まない
・コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェインを含む飲み物は飲まない
・脂っこいもの、熱いもの、冷たいもの、辛いもの、
 塩気の多いもの、甘いもの、硬いものの摂り過ぎない

・不規則な食事時間をやめる
・薬の副作用や水なしで薬を服用した時も胃が荒れます
・ストレスを溜めない様にする