タケプロンは、逆流性食道炎や、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの
胃腸障害の治療に使われる薬です。

タケプロンは、プロトンポンプ阻害剤(PPI)の一つです。
胃の分泌腺にある壁細胞には、プロトンポンプという部分があります。

このプロトンポンプは、胃酸を分泌する部分です。
プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに作用し、
働きを妨げて、胃酸の分泌を抑制する薬です。

従いまして、タケプロンは、逆流性食道炎に効果的な薬です。


スポンサードリンク


タケプロンとタケキャブの違い

タケプロンの成分

タケプロンの成分は「ランソプラゾール」で、
「プロトンポンプ阻害薬」と呼ばれるタイプの胃酸の分泌を抑える薬です。

プロトンポンプ阻害薬は、胃酸の分泌を抑える薬として
現状ある胃薬の中でも、強い効果が期待できます。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、ピロリ菌の除菌など
幅広い症状に対して使用されます。

タケキャブの成分

タケキャブの成分は「ボノプラザン」になります。
タケプロンと同じように、胃酸の分泌を抑える薬です。

タケキャブは、タケプロンの欠点を補うために開発され、
タケプロンの後継となります。

従来のプロトンポンプ阻害薬とは作用のしかたが異なり、
「カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)」
とよばれる新しいタイプの胃酸分泌を抑える薬です。

これは、プロトンポンプ阻害薬の新しいものという意味です。

タケプロンとタケキャブどちらが即効性がある?

タケプロンは、プロトンポンプ阻害薬として効果を発揮するには、
胃酸による活性化を受けなければ効果を発揮できません。

タケキャブは、酸による活性化を受ける必要がないため、
効果を発揮するまでの時間が短く、即効性があります。

よって、即効性があるのはタケキャブです。

タケプロンとタケキャブどちらが長く効く?

タケプロンは胃の中の酸性の環境下では不安定であるため、
長く留まることができません。

タケキャブは、酸性の環境下でも安定であるため、
長く留まることができ、作用が持続されます。

酸性条件下でも安定なため、胃酸の分泌細管に長く留まることができます。
そのため、『タケプロン』などのPPIよりも効果が長続きします。

よって、服用後に胃酸を抑える時間が長いにはタケキャブです。


スポンサードリンク


タケプロンとタケキャブでピロリ菌の除菌率が高いのは?

ピロリ菌の一次除菌の際に、タケプロンを服用したときよりも、
タケキャブを服用したほうが、より除菌率が高いという臨床実績があります。

実際、タケキャブを使った一次除菌の成功率は92.6%と、タケプロンを使った際の
成功率75.9%よりも安定して高いことが報告されています。

理由としては、タケキャブは、タケプロンに比べて代謝酵素の影響を受けづらく、
人による個人差が少ないため、安定して効果が発揮されるからと考えられています。

タケキャブの改良点

①速く効いて、効果が長続きする
②効果に個人差が小さく、ピロリ除菌の成功率が高い
③ピロリ菌の検査結果に影響せず、「偽陰性」を示さない

タケプロンの価格

・タケプロンOD錠15 / カプセル15 80.6円
・タケプロンOD錠30 / カプセル30 140.3円
・タケプロンOD錠15 / カプセル15のGE 31.5円〜42.1円
・タケプロンOD錠30 / カプセル30のGE 55.6円〜73.60円

タケキャブの価格

・タケキャブ錠10mg 160.1円
・タケキャブ錠20mg 240.2円

新しいお薬ですので、ジェネリック医薬品(GE)は販売されていません。

タケプロンとタケキャブを実際に飲んだ感想

逆流性食道炎で最初に出されたのが、タケプロン30でした。

その時は、「胸やけ」「胸の痛み」「胸のチリチリ感」「喉のつかえ」
「ゲップ」
などの症状がありました。

タケプロン30を飲む事で、胸やけが少し楽になった感じがありましたが、
すぐに楽になったと言う実感はありませんでした。

また、「胸の痛み」「胸のチリチリ感」「喉のつかえ」
「ゲップ」
などの症状は消える事がなく、タケプロン30を2週間飲んでも
辛い症状から解放される事はありませんでした。

そんな時にタケキャブに薬を変更したら、1回飲んだだけで、
「胸の痛み」「胸のチリチリ感」「喉のつかえ」「ゲップ」
強力に抑えられる感じがありました。

3回飲んだら、症状がかなり軽減して楽になりました。

特に「喉のつまり、圧迫感」はタケプロン30では消える事が
ありませんでしたが、タケキャブは「喉のつまり、圧迫感」を
和らげてくれました。

タケキャブとタケプロンを実際に飲んで比較すると、
間違いなくタケキャブの方が即効性があり効果が持続した事を
実感しています。

消化器専門でない内科の医師ですと、昔からあるタケプロンを処方しがちです。

担当する医師によって処方される薬は違ってきますが、タケプロンを飲んでも
なかなか辛い症状から解放されない場合は、タケキャブを処方してくれる
消化器内科を受診すると良いでしょう。