適度な飲酒は、ストレス解消になるので健康に良いとされています。

アルコールには、実際に胃の働きを活発にしたり消化酵素の分泌を増やす働きもあり、
昔から消化促進のために食前酒を飲む習慣があるほどです。

食事の前に飲む少量のお酒は胃酸の分泌を促し、
食欲を誘う働きがあります。


スポンサードリンク


しかし、逆流性食道炎の人はアルコールは断ち切るべきです。

お酒を飲むと胃が強く刺激されて、胃酸と胃粘液のバランスが崩れ、
胃粘膜が荒れる原因となります。

お酒は胃の運動機能も低下させてしまうので、
健康な胃を保つ3つの要素の全てに影響を与えることになります。

特に胃がからっぽの空腹状態ではアルコールが直接胃粘膜に触れ、
刺激を強く与えることになるので、胃粘膜は大きなダメージを受けてしまいます。

アルコール飲料のように細胞内に浸透する性質を持つ液体は
食道粘膜を刺激するので胸焼けを起こしやすくなります。

アルコールは噴門を緩める?

アルコールが胃の中に入ると、脂肪の消化をサポートする
ホルモンであるコレシストキニンが分泌されます。

このホルモンが分泌されると、油や脂肪を消化してくれるので
とても助かるのですが、同時に下部食道括約筋が緩まってしまいます。

アルコールは胃の内容物の食道への逆流を防ぐための
下部食道括約筋を緩めたり、食道の蠕動運動を低下させて
胃酸の逆流を引き起こします。

胃と食道の間には胃液が食道に入り込んだり、
摂取した食べ物が逆流しないようにフタがあります。

このフタの役割こそが下部食道括約筋と言う筋肉です。

下部食道括約筋は、通常は何かを飲み込んだときにゆるみ、
それが胃に入ったらしまるという働きをして食べ物や飲み物を
逆流しないように務めてくれています。

この下部食道括約筋が緩むと、蓋が空いた状態ですので
胃に入ったはずの食べ物や逆流して口にあがってきてしまいます。

アルコールは、括約筋に限らず、筋肉の動きを鈍くする働きがあります。

アルコールを飲んだ後によく千鳥足になる事はないでしょうか。
これは、アルコールが人間の筋肉を弛緩させてしまう紛れもない証拠です。

括約筋も例にもれず、アルコールによって筋肉が緩んでしまうので
逆流を助長してしまう様なものです。

また、アルコールは胃酸の分泌を増やす作用や、胃の動きを抑制する作用、
胃の粘膜を傷つけるといった性質もあります。


スポンサードリンク


アルコールは逆流性食道炎にとって天敵と言えるでしょう。

逆流性食道炎の人はアルコールは飲めない?

事実、お酒をほとんど飲まない人と比べて、週に缶ビール350mLを
2~3本以上飲む人のほうが逆流性食道炎になる危険性が高いです。

当然、アルコールは逆流性食道炎を誘発させますから飲まない方が良いです。

アルコールによって、


・胃酸を分泌させる
・下部食道括約筋が緩める
・胃の粘膜にダメージを与える
・胃が刺激される
・胃の運動機能を低下させる

など悪影響を与える面が多いからです。
逆流性食道炎の治療中は、一切アルコールは飲まない様にしましょう。

アルコールは依存度が高いですので、ダメだと分かっていても、
「1杯くらいなら良いか」と安易な気持ちで飲んでしまいがちですが、
逆流性食道炎が悪化すれば完治までにまた時間が掛かってしまいます。

何より辛い症状を出したくないのであれば、お酒は断ち切る覚悟が必要です。

また、アルコール度数が強いお酒ほど胃酸の分泌量は多くなります。
ワインやビールは特にコレシストキニンをたくさん分泌します。

アルコール度数の高いお酒を胃の中に入れてしまうと、
アルコールを消化・分解するために、大量の胃酸が胃の中で作られます。

アルコールといっても、40度のウィスキー・ブランデー、
25度の焼酎、12度のワイン・日本酒、5度のビールなど
アルコール濃度に差があります。

特に高濃度の飲酒では、水割りなどで薄めたほうが
食道にはやさしいのです。

酒は百薬の長といわれ、適度にたしなむのは良いとされていますが、
逆流性食道炎のかたの場合は飲まないに尽きます。