逆流性食道炎でも異常なしの場合はある?

明らかなる逆流性食道炎の症状である


・胸やけ
・ゲップ
・喉のつまり、違和感、圧迫感、痛み
・咳
・胃の不快感、痛み

このようなの症状があっても、
胃カメラで胃や食道を見て異常が見当たらない事はあります。

内視鏡検査で異常がないと言う事は、
潰瘍・出血・ポリープ・癌などがないと言う事です。


スポンサードリンク


潰瘍や癌などの重大な病気がないと言う事になりますので、
ひとまずは安心と言う事です。

しかしながら、異常が見当たらなくても逆流性食道炎そのものが
治っているというわけではありません。

異常がないなら何が原因かと言いますと、機能性胃腸症が考えられます。

消化器は、食物が食べることで活動を開始します。

特に胃は、空腹時にはほとんど活動していません。

胃の役割は消化ではありますが、1番の役割は食物を溜めておく事です。
2番目の役割が、溜めておいた食物を少しずつ、十二指腸に送り出す事です。

この当たり前の流れには、胃腸を動かす消化器の神経系と、
それを調整する脳の自律神経系が上手く連係していなければなりません。

機能性胃腸症は、この連係に問題が起こって発生すると起こります。
ストレスがあると胃の調子が悪くなるのは、正に連携がスムーズに
行かなくなった証拠と言えます。

胃の慢性炎症は、主にピロリ菌という菌が原因で起こりますが、
ピロリ菌が悪さをしている場合は内視鏡検査でも異常が認められます。

逆に内視鏡検査でピロリ菌がいないのに胃が不調と言う事は、
「機能性胃腸症」である可能性が高まります。

機能性胃腸症の原因

胃の不調によって胃の内容物が正常に腸に送られないこと、
胃酸の出過ぎ、痛みを感じやすくなっていることなどが原因となり、
そこに食習慣を中心としたライフスタイルの乱れとストレスの負荷などが
加わって症状があらわれます。


スポンサードリンク


・暴飲暴食

食べ過ぎ飲み過ぎによって胃の運動機能が低下すると上手く消化が出来なくなり、
胃もたれが起こります。

よく噛み、少しずつゆっくり食べる様にしましょう。

・睡眠不足

睡眠不足は自律神経のバランスを乱します。

このバランスが乱れると胃の動きがうまくコントロールされず、
胃のむかつきなどの症状があらわれます。

・過労

肉体的なストレスは自分で感じていなくても少しずつ溜まっていきます。

体に変調が起こると胃の粘膜が荒れて胃痛などの症状があらわれます。

・心理的要因

胃は脳のコントロールで動いているため、心理的ストレスに対しても
影響を受けやすく、胸焼けや胃痛などの症状があらわれます。

脳の自律神経と腸管の神経は自律神経を介して繋がっているため、
胃や腸は他の内臓と比べ精神・心理状態の影響を受けやすい内臓です。

機能性胃腸症の症状


・胃もたれ
・食欲はあるのに食べると胃が辛い
・常に胃の存在感がある
・脂っこいものや、お菓子などを食べると吐き気がする
・胸やけがする

・喉や口まで酸っぱいものが上がってくる。
・吐き気、腹痛がある。
・便秘または下痢を頻繁に起こしている。
・お腹が張ったような感じがする。

慢性的に胃腸の調子が悪い状態が続いていても、
胃カメラやバリウム検査、腹部エコーなどでは消化器系に異常はない
場合は機能性胃腸症が大いに疑われます。

長期間(3~6ヶ月)症状が続いている場合、機能性胃腸障害と診断されます。

機能性胃腸症はどうしたらいい?

炎症・出血・腫瘍がないので症状がどんどんひどくなる事はありません。

処方薬は3タイプとなります。

・消化管運動機能改善薬

治療としては胃の動きを良くする薬を使います。
薬はガスモチンが代表的です。

胃から十二指腸への食物の送り出しが低下している状態ですので、
胃腸の神経に働きかけて消化器の動きを良くする薬を使います。

低下したり、過剰になりすぎたりしている
腸の運動機能を正常な状態に近づける作用を持った薬が有効です。

・胃酸分泌抑制薬

胃を刺激する胃酸の分泌を抑える薬です。

・抗不安薬

ストレスによって胃の不調が起こる事はあります。
軽い不安や緊張など、ストレスに有効な薬です。

日常生活での治療法

・ストレスのない生活を送る

ストレスが少ない生活を送る事が、機能性胃腸症の予防につながります。

・睡眠を十分とって体をきちんと休める

・食生活の改善

規則正しい食生活を心がけます。

よく噛み、ゆっくり食べ、また食べ過ぎない
消化にいいものを選んで食べます。

1日3食で腹八分目で間食なしが理想と言えます。