逆流性食道炎には、ガムが有効になります。

ガムを噛むことで、唾液の分泌を促します。

唾液は、食道や口内に逆流した胃酸を中和してくれます。

胃酸は酸性で、唾液は弱アルカリ性であるため、
食道内の酸を中和してくれる働きがあるのです。


スポンサードリンク


また、唾液を飲み込むことで逆流してくる流れを押し込める点も、
症状が緩和する理由だと言われています。

食後1~2時間は胃酸の逆流が起こりやすいです
その時間にガムを噛む事で胃酸を中和するので効果があります。

ガムは毎食後に噛むの?

1日3食食べる中で、毎食後にガムを噛んでいたら、
1日3枚のガムを噛み、1週間で21枚のガムを噛む事になります。

ガムを噛み過ぎても飽きてしまいますので、
症状が重い時に限定したり、少し油っこい肉や魚などを
食べた後に限定しても良いでしょう。

要はガムは唾液の分泌を促進してくれるので、
胃酸を中和してくれます。

胃酸を中和すると言う事は、辛い胸やけ、喉のつかえなどの
症状緩和の手助けになります。

例えば、症状が軽い時に「たまには焼肉を食べたい」
と思う時も出てくるでしょう。

そういう場面で、焼肉を食べた後にガムを噛む事で、
胃酸を中和させて辛い症状を起こりにくくする事ができます。

ガムを選ぶポイント

逆流性食道炎に砂糖は良くないので、
砂糖なしのガムを選びましょう。

ガムのパッケージには、「砂糖不使用」と書いてあります。

おすすめは、ロッテの歯磨きガムです。
「砂糖不使用」と書いてあります。

砂糖は入っておりませんが、甘味料で甘さを出しています。

satoufusiyou

名前の通り、歯磨きする意味合いのガムなので、
砂糖が当然使われておりません。

逆に歯磨きするガムなのに砂糖が入っていたら、
歯磨きになりませんね。

「歯みがき」という言葉を誤解してはいけません。

実際に歯の表面を磨けるという意味ではないのです。


スポンサードリンク


食後に酸性になった口内を、ガムを噛んで唾液を出すことによって
中和する→虫歯になりにくくするということなのです。

だから歯間の食べかすなどはきちんと歯を磨かないと取れません。

よく唾液を出すためか、少し歯ごたえがあります。
眠気も覚めますし、現代人が弱っている顎も鍛えられます。

歯磨きガムは、しつこい甘さがなく後味もスッキリです。
味は他のガムに比べて長く続きません。

むしろ、逆流性食道炎の人にとっては味がない方が
口の中をスッキリできると思います。

目的はガムを味わう為に噛むのではありません。
あくまでも、胃酸を中和させる為に唾液を多く出す事です。

逆流性食道炎の人は常に胃酸が口の中に上がってきているので、
気分が優れませんから、歯磨きガムを噛むと気分転換になります。

この歯磨きガムを常備、揃えておくことで、
いつでも中和できる体制を整える事ができるでしょう。

歯磨きガムは売っていない店もあります。

グリーンガムやミントブルーの様に全店で品揃えする
様なガムではない様です。

ガムは薬ではありませんが、中和剤マグテクト内服液の様な
役割に近い存在を果たしてくれます。

ガムで逆流性食道炎の症状は抑えられるの?

ガムは確かに胃酸を中和する手助けをしてくれますが、
強い胸やけ、喉の圧迫感を即効で抑える力はありません。

即効で抑えたい場合は、胃酸抑制剤が間違いないでしょう。

ガムは、あくまでも気休め程度と考えて良いでしょう。
ですから、ガムに丸っきり頼るのは大きな間違いです。

ただ、ガムで逆流性食道炎が悪化すると言う事はありません。
少しでもプラスに働く事に変わりはありません。

一時的な応急処置として、噛まないよりは噛んだ方が
少しは症状が楽な方向に向かう程度と考えて良いでしょう。

ガムは何分くらい噛めば良い?

ガムはなるべく長めに噛めば噛むほど良いです。

何分以上噛んだらダメと言う事はありません。
逆にあんまり2~3分とあんまり短い時間ですと、
そんなに唾液も出ない状態でガムを捨てる事になります。

最低でも5分、理想は10分以上噛むと良いです。

例えば、食事を終えた後に皿洗いをしている間は
ガムを噛んでいようとかパターンを決めると良いです。