胃を保護するビタミンU

ブロッコリー、キャベツ、レタス、アスパラなどに含まれているビタミンUは、
胃潰瘍、十二指腸潰瘍などから胃腸を守ってくれる栄養成分です。

ビタミンUは市販の胃腸薬にも使われるほど、胃を守る力を持っています。

常に胃へのストレスを感じやすい方は、基本的に胃の粘膜が弱くなり、
胃酸や食べ物により胃が傷つきやすい状態となっています。


スポンサードリンク


ビタミンUは胃の血流をよくする働きがあるため、
弱っている胃をより活動的にしてくれて、粘膜の活動を整え、
粘膜を強くしてくれます。

胃潰瘍の減少も実証されているので、
胃の悩みには必須のビタミン成分です。

ビタミンUが豊富に含まれている野菜を毎日の食生活で
積極的に摂る事で、胃を丈夫にすることができます。

そこで、今回はビタミンUが豊富に含まれている野菜を紹介します。

・キャベツ

胃酸過多に有効な食べ物はキャベツです。

ビタミンUは、キャベツから発見されたビタミン様物質で、
キャベジンとも呼ばれています。

たんぱく質の合成に不可欠な核酸をつくるのに必要な物質なので、
たんぱく質の生成を活発にしたり、
傷ついた組織を修復する働きがなどがあります。

これらの働きにより、胃粘膜の新陳代謝を活性化させる効果が期待されます。

キャベツには他の野菜には含まれていない「メチルメチオニン(ビタミンU)」
と呼ばれる、潰瘍の抑制を行う成分が含まれています。

キャベツに含まれるビタミンUは胃の粘膜を保護するビタミンです。
胃酸で弱った胃の粘膜を修復したり、保護したりする働きがあります。

ビタミンUは熱に弱く、水に溶けやすいビタミンという特性があるので、
煮たり焼いたり、揚げたりするとビタミンUの効果が薄れてしまいます。

その為、キャベツを食べるなら生食が良いです。
千切りキャベツ、塩もみ、などにして生で食べると良いでしょう。

生ジュースにするのもありです。

・ブロッコリー

ブロッコリーには胃の粘液を修復するビタミンUが野菜の中でも
トップクラスに含まれています。

ブロッコリーのビタミンUは熱に弱いので、加熱しない方が良いですが、
さすがにブロッコリーは固いので生で食べるわけにはいきません。

そこで、胃粘膜を強化する効果を高めるためには、
電子レンジ(500W)で30秒加熱して食べるのがベストです。

ビタミン類は熱に弱いので、さっと加熱するのがポイントとなってきます。
お湯で3分煮るよりは、レンジで30秒の方がビタミンUの効果を薄くせずに済みます。


スポンサードリンク


・レタス

レタスにはビタミンUが豊富に含まれているので、
毎日、サラダで食べると良いでしょう。

ドレッシングは、油と酢が入っているので逆流性食道炎には良くありません。
できればドレッシングなしでレタスを食べると良いでしょう。

味がなくて食べにくい場合は、バナナをスライスして一緒に食べると良いでしょう。
逆流性食道炎が軽度の場合はドレッシングを使っても大丈夫です。

最近は、ノンオイルドレッシングなども売られており、
余計な油を摂取しなくて済みます。

オリーブオイルでドレッシングを自作するのも良いでしょう。

サラダに使うことが多いレタスは、95%が「水分」です。
胃腸にとてもやさしく、利尿作用があります。

ビタミンUは、水に溶けやすく熱に弱い性質があるので、
出来るだけ生で食べることで効率よく摂取することができます。

スープや炒めて食べる場合は、ビタミンUの効果が薄れるので注意です。

レタスはそんなに固くないので、生で食べても消化が悪いという事はありません。

事実、レタスを1日3食食べても胸焼けなどの症状は出ておりません。

・アスパラ

アスパラにはビタミンUが豊富に含まれており、
胃酸の過剰分泌を防ぐ効能があります。

胃を胃酸から守り、胃もたれや胸やけの解消、
胃潰瘍の予防などに効果を発揮します。

また、ムチンという成分には血液の流れを良くし、
胃の粘膜を保護する働きもあります。